L'ORIGINE~フランス料理の源流~ フランス菓子

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっぴり気分を変えて

.01 2010 フランス菓子 comment(0) trackback(0)
食事の後は、美味しいデザートを~
いつもは、フランス料理のお話ばかりですが、
今日はフランス菓子のご案内です。

L'ORIGINEには掲載されておりません。

毎年、ご好評頂いておりますベルエ・コンセイユ校長であり、
M.O.F.パティシエのジャン・ミシェル・ペリュション氏による
特別来日講習2010の日程とメニューが決定いたしました!!!

2000年から始まった本プログラムも今年で11回目を迎えます。

L'ORIGINEと同じで、「本物を知る事」これが大切です。
なかなか、本場パリで受講する事が難しい方は、
是非この機会にご参加いただければと思います。

本物の素晴らしいお菓子の世界を皆さまへお届けいたします

◆9月20日(月祝) 一日実習コース 満席
タルトレット・グルマンド(タルト)
ル・バナナ(プティ・ガトー)
ル・バニュー(アントルメ)
マカロン、マロン&カシス(マカロン)
マカロ、アプリコット&アマンド(マカロン)
bellouet.jpg
「ル・バナナ」「マカロン」

日本では、もちろん本場パリでも不動の人気のマカロン
1日実習コースでは、2010年パリのベルエ・コンセイユにて新設された
【FESTIVAL DE MACARON】より人気のマカロンを学びます。


◆9月21日(火) 半日デモンストレーション 残席:3
プレシュー・フランボワーズ(アントルメ)
ル・バイア・オレンジ(アントルメ)
リンゴとルバーブのタルト(タルト)
bellouet1.jpg
「プレシュー・フランボワーズ」

パリのベルエ・コンセイユのプログラム
【アントルメ エレガンス&クリエーション】より新作の登場です。
最新の流行を踏まえたモダンなでコールで、パリにおいて注目を集めています。



◆9月22日(水)9月23日(木祝) 2日間実習コース 残席:5
レモンのタルト(タルト)
イチジクのタルト・ドューサー(タルト)
赤いフルートのティラミス(アントルメ)
オペラ(アントルメ)
ル・チューブ・コーヒー(プティ・ガトー)
ヴァニラチョコレートのプティ・シャルロット(プティ・ガトー)
ロイヤル・オレンジ(プティ・フール)
モワル―・キャラメル(プティ・フール)
bellouet4.jpg
「レモンのタルト」
bellouet3.jpg
「赤いフルーツのティラミス」
bellouet2.jpg
「モワル―・キャラメル」「ル・チューブ・コーヒー」

今回の2日間実習コースのテーマは【タルト記事】
なぜペリュション先生のタルトは、時間が経ってもサクサク・ホロホロと美味しいのか・・・
こんな美味しいタルト生地を焼きたい!!など
皆さまのご要望にお応えし、新しい試みとして、
粉の混ぜ合わせからフォンサージュまで
をひとりひとり、しっかりと先生に丁寧にご指導いただきます


◆9月24日(金) 一日実習コース 残席:8
ご好評につき、新たに追加したコースです。
タルトレット・グルマンド(タルト)
ル・バナナ(プティ・ガトー)
ル・バニュー(アントルメ)
マカロン、マロン&カシス(マカロン)
マカロ、アプリコット&アマンド(マカロン)
※9月20日の一日実習コースと同じメニューで行われます。

詳細はジェックスにお問い合わせください。
TEL:03-5876-3080


スポンサーサイト

M.O.F.パティシエJ.M.ペリュション氏来日特別講習

.02 2010 フランス菓子 comment(0) trackback(0)
毎年、好評頂いているベルエ・コンセイユ校長&M.O.F.パティシエのJ.M.ペリュション氏の来日講習をご紹介したいと思います

パリのベルエ・コンセイユで習うチャンスが、なかなか無い方に
日本にいながら、パリ本校のスタイルで、
しかも安く本場の味を体験できるプログラムになっています。

と文字を並べても、なんだかよく解らないので、
いわゆる百聞は一見に如かずてヤツです。
20090920_2202.jpg


2日間実習プログラム(2009/9/19-20)
シュー生地・・・エクレア、ルリジューズ)
20090920_2195.jpg20090920_2219.jpg
ボンボン・ショコラ・・・3種類のガナッシュ
20090920_2209.jpg20090920_2182.jpg
シャルロット・オ・フレーズ(現代風にアレンジされたシャルロット)
20090920_2210.jpg
マカロン・オ・フレーズ
ル・バー・モンブラン(細長いモンブラン)
20090920_2222.jpg20090920_2192.jpg
ギモーブ・・・フレーズ(いちご)、フランボワーズ、バナナ、ミントなど
20090920_2181.jpg20090920_2184.jpg
ブルーベリーのチーズケーキ
スペキュロス
20090920_2200.jpg20090920_2185.jpg
ル・ビスコット・デ・サヴォワ
タルト・マラクージャ・オ・フロマージュ・ブラン
20090920_2202_20100331094558.jpg20090920_2193.jpg

※写真とメニュー内容は2009年度のプログラムです。

2日間に渡って行われる実習。
1日目は、仕込みやベース作りで最終日の2日目に面白いように綺麗なお菓子が出来上がっていくんです。

今年はどんなお菓子に出会えるのでしょうか。
とーっても楽しみです。もちろん食べるのが

詳細はベルエ・コンセイユ アンバサドゥール・ジャポンまで

またメニューや会場など決まり次第、こちらのブログにもアップしたいと思います

Bellouet Conseil(ベルエ・コンセイユ)

.18 2010 フランス菓子 comment(0) trackback(0)
L'ORIGINE本書には、掲載されませんが、
フランス菓子業界の生の情報を、本物の情報をお届けしたく
お菓子のページも新たに作りました

bellouet_logo97[1]
Bellouet Conseil(ベルエ・コンセイユ)は
フランス最高峰のパリにある、お菓子学校です。
20年の実績を持ち、フランスのお菓子業界で知らない人はいない最高峰のお菓子学校です。

日本でも良く知られている、
ピエール・エルメ氏、ジャン・ポール・エヴァン氏、ジェラール・ミュロ氏など
多くの有名パティシエからも信頼され、
現場で既に活躍している方も、ベルエ・コンセイユで
お菓子のトレーニングや技術のブラッシュアップのためのプログラムに参加しています。

伝統的なフランスのお菓子から、今注目されている最先端のお菓子まで、
お菓子の基礎をしっかり守りながら、新しいアイテムの指導をしてもらう事が出来ます。
本場フランスのトップ・パティシエから、本物の技と味とを修得できる学校です。

次回からは、年に一度だけの
「ベルエ・コンセイユ特別来日講習」の様子や
写真をどんどん載せちゃおうと思っています

ベルエ・コンセイユ アンバサドゥール・ジャポン
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。