L'ORIGINE~フランス料理の源流~ 2010年02月04日

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版コンセプト=その3=

.04 2010 コンセプト comment(0) trackback(0)
我々は、料理人及びグルメの方の声を集めて検討を重ねた結果、
ひとつの答えが導き出された。

それは「古きを温めて、新しきを識る」
と言う事であった。

現在のフランス料理の基礎を作り上げてきた3ツ星レストランのシェフ達は、1970~1990年代に最も輝いていた。
その時の彼らの料理をもう一度見直す事を始めてみよう。
そこには、明日のフランス料理への提言がたくさん埋もれている様に思われる。

幸いにも、様々な奇跡的な条件が重なり、
その時代の驚くほど、鮮明な料理の写真が3000枚近くもデータ化に成功した。

これらの写真の料理は、取材のために特別に作られたものではなく、
実際にそのレストランでサーヴィスされていた料理で「生きている料理」と呼ばれるものだ。

そして1970~1990年代の料理の写真は、
驚くべき画質で、かれらの卓越した技術や思いまでも圧倒的な力を持って我々に迫ってくる。

それらの貴重なビジュアル写真とかれらの熱い思いとを識る時、
確かな未来が見えて来る様に思われる。

ボワイエ氏はこうも言っています。
「この記録を残す事は、
ノスタルジーに浸るという事ではなく、
才能と成功に溢れていた時代の軌跡を残す、という事です。

多くの客が
楽しさと生きる喜びを分かち合うために
レストランに出入りしていた、あの時代の・・・」


スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。