L'ORIGINE~フランス料理の源流~ 2010年06月19日

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でも多くの方に読んでもらいたい

.19 2010 今日のろりじん君 comment(0) trackback(0)
先日、帝国ホテルの田中料理長にお会いしてL'ORIGINEの推薦文を頂いてきました

田中料理長の著書「帝国ホテルの料理の流儀」や、頂いた推薦文を読ませて頂いて、
L'ORIGINE(ロリジン)のレストラン11軒のシェフ達と
同じコンセプトを持って仕事をしている事を感じました。

そして、「L'ORIGINEをフランス料理にかかわる方、
一人でも多くの方に読んでもらいたい。」と
とても嬉しい、言葉を頂きました。


帝国ホテルのレ・セゾンのシェフである、ティエリー・ヴォワザン氏から、
ジェラール・ボワイエ氏との写真とメッセージを頂きました。
ティリー・ヴォワザン氏は「レ・クレイエール ジェラール・ボワイエ」で修業をした。

そして、帝国ホテルに行くかボワイエ氏に相談した。
彼は、「帝国ホテルだったら、行きなさい。
君の腕を活かす場に、相応しい」とヴォワザン氏の背中を押した。

ボワイエは、ヴォワザンを息子と呼び、
ヴォワザンは、ボワイエを父と呼ぶ。

田中料理長はボワイエ氏より「息子を頼む」と言われた。

そして、今ティエリー・ヴォワザン氏は「私には、父が3人いる」と言う。
一人は、実の父
二人目は、ジェラール・ボワイエ氏
三人目は、田中料理長だと。

先日、彼の料理を食べる機会があった。見事な料理だった。
クラシックなしっかりとしたベースに基づいた、まさに帝国の料理であった。
ボワイエ氏より教え込まれた料理が、日本と言う国の帝国ホテルと言う
伝統を重んじるホテルの中で、更に進化していた。
DSC01079.jpg
DSC01080.jpgDSC01082_20100618164249.jpg
DSC01085_20100618164331.jpgDSC01086_20100618164331.jpg
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。