L'ORIGINE~フランス料理の源流~ 2011年11月

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ

.29 2011 未分類 comment(0) trackback(0)
いったい、この調理場に満ちている張りつめた空気は何なのだろう。
そして、この部屋にいる男達の圧倒的存在感。

一人ひとりが体の中から膨らんでくるエネルギーによって、ひと周りも、ふた周りも大きく見えている。

男達がせわしく動き回っている中核に、ひとりの男の姿がある。
中肉中背の男は、決して大きな体ではないが、その中心からは、光のごとくこの男が持つ気が、静かに放たれている。
その目は深く、崇高でさえある。

顔は見たことがある様であるが、思い出せない。

この頃よく見る夢である。
しかし夢にしてはあまりにも生々しいものだ。

調理場の熱も温度もリアルだ。
料理人達の息遣いや、調理場独特のにおいまでするのだ。
そして、これが私の永い時間を超えた旅路の始まりだった・・・・・。

魯里人第一巻より
スポンサーサイト

日本を忘れた日本人

.22 2011 魯里人 comment(0) trackback(0)
はじめに

先ず、目の前からパソコンを失くして欲しい。

次に、テレビ、車、飛行機、携帯電話、ファックス、冷蔵庫、鉄道、高速道路、コンビニ、高層ビルを失くして欲しい。
そして日本の人口は、およそ三千万人、東京の人口は約百万人、平均寿命四十三歳、国家の一般会計二千二百万円のころである。

明治時代、今から百数十年前。
日本のフランス料理は驚くべき高い水準にあった。

それは、私達が漠然と描いている洋食のレベルとは、あまりにも乖離している。

当時、世界への交通手段は、船、火は石炭オーブン、冷蔵庫もなく、食材もなく、車もなく、調理学校や教科書もなく、ちょんまげに刀の時代から数えてわずか三十年。

何故、先人たちは、この様な見事なフランス料理を作り得たのだろうか。

そこには、「日本の心を持つ、日本人」がいた。

今、日本を忘れてしまった我々日本人が、彼らから学ぶものは多い。
世界地図で見ると、日本はとても小さい。
この小さな国が、何故アメリカや中国と肩を並べる大国に成り得たのか。

明治維新までは、欧米の植民地に恐れていた日本。
それから、わずに140年しかたっていない。
更に、大きな戦争により、壊滅状態にあった時から数えると65年。
その後の目覚ましい発展の速度から、「奇跡の国、太陽の国」と世界中から驚きの目で見られていた日本。
それが、ここ20年の間に、「最も元気の無くなった国」と呼ばれるようになってしまった。

何故なのか。
「日本を忘れた日本人」となってしまったからなのだろうか。
この本(魯里人)は、歴史上の偉人を描くものではない。
他国フランスの料理を、己のものとし、「最高の味」の求道者として生まれてきた料理人と言う職人の生き方を通して、日本人の心の一端を学んでゆくものである。

魯里人~フランス料理人伝説~

.15 2011 魯里人 comment(0) trackback(0)
2011年、日本のフランス料理の歴史が変わります。


今まで、日本のフランス料理史、と言えば、一般的に1960年代以降とされてきた。
それは、まさにフランスでヌーベル・キュイジーヌうの時代を迎えていたときである。
昭和39年にレイモン・オリベールが初来日を果たし、昭和47年にポール・ボキューズらが来日し、日本のフランス料理は始まったのである。

私は、今までその様に理解してきた。
そして、それ以前の日本の「フランス料理」とは、高級な「洋食」位のものというイメージを持ち続けていた。

しかし、ある日を境にして、私の中に大きな疑問がわき上がってきたのである・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本のフランス料理史を、
数多くある中から、私どもは今回3つの系統に注目し、
明料理人たちの生きた姿を本にしました。

 ◆ 鹿鳴館から綱町三井倶楽部 と 日本のフランス料理の父、ルイ・べギュー

 ◆ 帝国ホテル

 ◆ 築地精養軒から喜山 と 宮内庁

そして、本書を作成するにあたり、様々な所から資料の提供、ご協力を頂きました。
それらの資料は、私どもだけが知っているには、あまりにももったいない素晴らしい資料の数々ですので、
一冊の本にまとめ、ビジュル版として、皆様の手元にお届け出来るようにしました。


「魯里人~日本のフランス料理人伝説~」
  ◆第一巻 鹿鳴館・中央亭・綱町三井倶楽部、築地ホテル・横浜グランドホテル・神戸オリエンタルホテル 絶賛発売中!!
  四六判 300頁位 定価 1,470円

  ◆第二巻 帝国ホテル 絶賛発売中!!
  四六判 300頁位(予定) 定価 1,470円

  ◆第三巻 築地精養軒・喜山、宮内庁 絶賛発売中!!
  四六判 300頁位(予定) 定価 1,470円

  ◇魯里人ビジュアル版 
   ※ビジュアル版は、セット販売でのみ、ご購入いただけます。
    単独販売は、しておりませんので、ご了承ください。
 
パンフ


本書は一般書店では販売されません。
ご購入を希望される方は、
メールまたはファックスにて、下記の事項をご記入の上、お申込み下さい。
・お名前
・ご住所
・電話番号

電話:03-5876-3080
ファックス:03-5876-3081
メール:nomura@abc-gecs.co.jp

パンフレットなどご用意してあります。
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。