L'ORIGINE~フランス料理の源流~ 感想~国内編~3

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想~国内編~3

.31 2011 読者の声 comment(0) trackback(0)
1980年代にぱりのトゥール・ダルジャンで修業していました。
L'ORIGINEには、「これぞ、フランス料理の神髄」というものがたくさん詰まっている。
この頃のグランシェフと言うものは、調理場にいるだけで、キッチンの空気が一瞬で変わる。
フランス料理は、ソースが特徴である。だからソースのないフランス料理と言うものは、ありえない。
その素材によってベストの味付けをする事。
個体それぞれで、味が違うのは当たり前。
音楽と一緒でクラシックが古いという事はない。
この本は、忘れかけていた初心を思い出させてくれました。
銀座ラトゥール 総料理長 男性 (50代)


L'ORIGINEフランス料理の源流~」の魅力的な表紙の色に魅せられて、素晴らしい内容にぐんぐん引き込まれ、いちページいちページをじっくり拝見させて頂きました。
そうそうたるシェフ達の話と素顔、そして美味しそうな料理に酔いしれて、時間が経つのも忘れてしまいました。
フランスは大好きなので、久しぶりに懐かしい思い出いっぱいです。
この一冊に伊藤様の人生がぎっしり詰まっているのですね。
写真や文章のもっともっと奥にある、今までの日々の感動や様々な思いが、いっぱい感じ取れました。
本当に素晴らしい本です。
最後になりましたが、これからのますますのご発展とご健康をお祈りいたしております。
料理雑誌編集者 女性 (40代)


これ程素晴らしい本が、今まで手元になかったのは残念です。
調理師学校を卒業し、今は病院の調理の仕事をしていますが、同じ料理人として是非とも読んでおかなければならない本だと思います。
料理人 男性(20代)



本書ご購入に関する詳細はこちら

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://lorigine.blog31.fc2.com/tb.php/65-dd7d43f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。